Home » 婚活するなら知っておくべき残酷な現実

婚活するなら知っておくべき残酷な現実妥協しない婚活!~幸せになりたいだけ~

婚活は短期決戦

婚活市場においては男女とも年齢が高くなればなるほど条件は悪くなります。
女性の場合は出産という問題があるので特にそう。

婚活市場での一年後の自分の市場価値は、
今より確実に下がっています。
その次の年になれば、また更に下がります。

結婚後の生活はマラソンのような長い道のりになりますが、
婚活は違います。

婚活は短期決戦。

一年間なら一年間と時間を区切り、短期間に精力的に動いて、
一気に勝負をつけてしまいます。
長くだらだらやってもやる気が持続しないし、
婚活疲れという事態も招きかねません。

限られた時間をいかに有効に活用するかが重要となってきます。
しっかりと戦略を立てて時間を無駄にしないようにしましょう。

29歳と30歳の間の深い溝

年齢は婚活の行方を左右する重要なファクターとなってきます。
婚活を始めると、このことを身に沁みて思い知らされるようになります。

婚活は若ければ若いほど有利。

なるべく早い時期に婚活をスタートして、
29歳までに結婚してしまうのがベスト。
29歳と30歳では年齢的にたった1歳しか違わないけど、
2,980円と3,000円ぐらいの大きな違いとなって、
結果に表れてきます。

29歳の時だったら選んでもらえたはずなのに、
30歳を過ぎてしまったせいでもう選んでもらえない。
そういったことが当たり前のように起こるのが婚活市場の現状です。

35歳タイムリミット説

結婚できる年齢のリミットは、婚活するなら知っておくべき残酷な現実
一般的に35歳と言われています。
35歳を過ぎて結婚できる人は3%もいないとか。

出産という現実的な問題を考えた場合も、
30代後半での高齢出産は
いろいろとリスクが伴います。

29歳と30歳の間ほど大きな下落があるワケでは
ないのですが、
みんな何となく35歳ぐらいを結婚の限界と
とらえています。


男性も30代前半までの女性を希望していることが多いです。

しかし35歳を境に急激に妊娠率が低下するわけではありません。
20代の後半から少しずつ下降していくので、
35歳をターニングポイントのようにとらえることに
実はあまり意味はありません。

35歳以上を高齢出産と呼ぶことから、
35歳タイムリミット説が生まれたのだと思います。

出産については個人差も大きいので、
20代でも不妊治療を受けている人もいれば、
40歳で元気に妊娠出産する人もいます。

バランスの取れた食事をこころがけたり、
定期的な運動を行って健康的な体を維持することが大切です。
結婚して子供を産みたいという想いがあるならば、
そういったことを疎かにしてはいけません。

とは言っても男性が結婚相手の年齢にこだわるのは事実なので、
30代半ばの人は一日一日が勝負になってきます。

▲このページの先頭へ
Copyright(c) 2014 妥協しない婚活!~幸せになりたいだけ~ All Rights Reserved.